FX投資を攻略するノウハウを紹介

Invest Press

人気の投稿

最近の投稿

百度(バイドゥ/Baidu)中国最大の検索サービス

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA
百度Bǎidù(バイドゥ、Baidu)は、中華人民共和国(中国)最大の検索サービスです。中国ではインターネット利用者の97%が百度の検索エンジンを利用しています。

この記事では、百度の沿革や主なサービスについて解説します。

百度(バイドゥ)の創業者、李彦宏(ロビン・リー)の歴史

百度を創業したのは、李彦宏LǐYànhóng(ロビン・リー、Robin Li)です。

李彦宏は、1968年11月、山西省陽泉市Shānxī shěng Yángquán shì(さんせいしょう・ようせんし)に生まれました。

1991年に北京大学情報管理学科を卒業すると、ニューヨーク州立大学に留学し、コンピュータ・サイエンスの修士号を取得しました。

その後、ウォール街にてダウ・ジョーンズ子会社の顧問、シリコンバレーのインフォシークで働き、仕事もプライベートも充実した人生を送っていました。

しかし、妻の马东敏MǎDōngmǐn(メリッサ)に「あなたはIT分野でトップレベルの専門家だ。このまま終わるのではなく、独立して創業すべきだ」と言われたことがきっかけになり、李彦宏は創業の道を進みます。

百度(バイドゥ)の沿革

百度の創業

マイクロソフトの「ウィンドウズ95」が発売されて以降、世界ではインターネットブームが起きていました。李彦宏はシリコンバレーでの仕事を辞め中国に帰国しました。

2000年1月、李彦宏は北京大学の同窓生である除勇Chú Yǒng(シューヨン)を共同創業者として、「百度网络技术有限公司Bǎidù wǎngluò jìshù yǒuxiàn gōngsī」を設立しました。

  • 百度:百度
  • 网络:ネットワーク
  • 技术:技術
  • 有限公司:株式会社

百度は、「検索エンジン事業」から始めました。

当初、国内のポータルサイトに中国語検索エンジンサービスを提供して対価を得るビジネスモデルを採用していましたが、2001年に独立検索エンジンサイト「Baidu.com」を発表しました。

百度の検索エンジンは、「競売ネット検索ランキングシステム」を導入しています。これは、自社のウェブサイトを見てもらいたい企業が投じた金額によって検索ランキングが決まるというものです。

2003年には、中国語検索エンジンの市場シェアでグーグルを上回り、国内トップに躍り出ました。

一方のグーグルは、2010年に中国市場から撤退しました。金盾Jīndùn(グレート・ファイアウォール)がある中国では、外国サービスが優位性を持って展開するのは難しいことがわかります…。

↑経済ニュース専門のチャンネル「日経CNBC」による百度の解説動画です。百度の創業だけでなく、中国のインターネット人口の推移、今後の動きについてまとめられています。

百度の上場

2005年8月、百度はナスダックへ上場しました。初日、百度の株価は公募価格の27ドルから122.54ドルまで急騰し、IPO初日に最多利益を上げた銘柄のひとつに数えられています。

ナスダック上場により、百度は豊富な資金を得て、グローバル事業の展開を始めました。

また、豊富な資金を使い、トップクラスのグローバル人材を獲得しています。

百度の未来「アポロ計画」

現在、中国ではBATと言われる「ネット3巨人」がいます。

  • B:百度(バイドゥ、Baidu)
  • A:阿里巴巴(アリババ、Alibaba)
  • T:腾讯(テンセント、Tencent)

(最近は「Huawei」を含んだ「BATH」と呼ばれることもあります)

このうち、百度は「人工知能開発」「自動運転開発」に力を入れることを公表しています。

特に力を入れているのは自動運転開発です。

2017年7月5日、百度が北京で開催した「AI開発者大会」において、フォードやエヌビディア(半導体メーカー)、マイクロソフト、インテル、ダイムラーなど50社と自動運転開発連合「アポロ計画」を始動したことを発表しました。

この大会で、百度グループ総裁(社長)の陆奇Lù Qí(ルーチー)は、「アポロは世界最強最大の自動運転開発連合となった。3〜5年以内に中国は自動運転でトップに立つ」と宣言しています。

百度は、2020年までに完全自動走行の実用化を目指しています。

↑2017年7月5日に開催された「2017百度AI开发者大会Bǎidù AI kāifā zhě dàhuì」のフル動画です。

1:59:48〜、陆奇さんが自動運転のテスト車両に乗って会場にやってくる様子が映し出されます。

百度(バイドゥ)の主なサービス

百度(バイドゥ)

百度(バイドゥ)

百度ブランドには、検索、ナレッジ、百科事典、地図など幅広いサービスがあります。

  • 百度検索:検索サービス
  • 百度知道:ナレッジサービス
  • 百度百科:百科事典
  • 百度地图:地図サービス
  • Baidu IME:日本語入力システム(IME)

上から、Google、Yahoo!知恵袋、Wikipedia、Googleマップ、Google日本語入力のように考えると、わかりやすいですね。

また、百度はスマホ用日本語入力ソフト「Shimeji」(シメジ)も開発しています。

爱奇艺(アイ・チー・イー)

爱奇艺Ài qí yì(アイ・チー・イー、iQIYI)は、2014年に設立された百度傘下の動画共有サイトです。

2017年には、Netflixとオリジナル作品のライセンス契約を結びました。

爱奇艺は、中国版YouTube+Netflixと考えるとわかりやすいと思います。

百度(バイドゥ)の関連書籍

沈 才彬『中国新興企業の正体』

田中 道昭『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』

百度(バイドゥ)の基本情報

会社名 百度网络技术有限公司
英文名 Baidu
市場 NASDAQ: BIDU
本社所在地 中国北京市
設立 2000年1月1日
代表者名 李彦宏(ロビン・リー)
ウェブサイト https://www.baidu.com/
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA










Copyright© Invest Press , 2019 All Rights Reserved.