BlackPanther USDJPYを徹底検証、日本時間深夜から狩りをはじめる肉食派EAで証拠金を増やす

BlackPanther USDJPYを撤退検証 EA検証

日本時間深夜から早朝にかけてはレンジ相場になりやすいため、ロジックを作りやすいというメリットがあります(たまにあるトレンド相場のときの逃げ場をつくっておけばいい)。

コツコツ利益を増やしやすいということもあり、EAでは早朝スキャルピング型が多くあります。

今回、紹介するトレストさんの「BlackPanther」もまさにそんなEAのひとつです。ブラックパンサーのように深夜から早朝にかけて狩りをする様子は圧巻ですよ!

ここでは、トレストさんのEAから「BlackPanther USDJPY」を徹底検証します。

SOMEYA

「BlackPanther」は短期間で証拠金を増やしたい方にもオススメです。

BlackPanther USDJPYのフォワードテスト

BlackPanther USDJPY | GogoJungle

「BlackPanther USDJPY」のフォワードテストの実績です。

取引枚数は複利によって徐々に上げています(0.08〜0.17)。

2016年〜2018年の年間成績

まずは、2016年1月〜2018年10月の年間成績です。

  • 2016年:403,709円
  • 2017年:149,158円
  • 2018年:485,158円

3年間で「1,038,025円」の利益が出ています。

2017年は、他の年と比べると収益が低くなっていますが、それでもプラスを維持しているのが素晴らしいところです。

2018年の月間成績

続いて、直近の成績を詳しく見てみましょう。

2018年1月〜10月の月間成績です。

  • 1月:86,852円
  • 2月:-21,026円
  • 3月:65,978円
  • 4月:38,189円
  • 5月:22,154円
  • 6月:33,844円
  • 7月:28,735円
  • 8月:79,912円
  • 9月:96,722円
  • 10月:53,798円

2018年は10月現在までに「485,158円」の利益が出ています。

約0.1ロット(1万通貨)でこれだけの利益を出しているのは、正直かなり驚きました。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「BlackPanther USDJPY」の商品ページに掲載されています。

BlackPanther USDJPYの特徴

通貨ペア USD/JPY
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 15
使用時間足 5分足
ストップロス(SL) 50
テイクプロフィット(TP) 0(ロジックで決済)
両建て なし

5分足を使ったスキャルピングEA

「BlackPanther」は、USD/JPY(ドル/円)の5分足を使ったスキャルピングEAです。

フォワードテストを見るとわかるのですが、かなりの売買回数があります。そのため、資金効率がとてもよく、短期間で証拠金を増やすことが可能です。

最大15ポジションには注意

「BlackPanther」は、相場を判断して「最大15ポジション」を保有します。

いわゆる「コツコツドカン」で負けるナンピン型ではありませんが、証拠金がパンパンになって強制ロスカットしないように注意したいところです。

最大ポジション数はパラメータで変更できるようになっています。ただ、EAの再現性を高めるにはポジション数はそのままにして、ロット数を減らした方が賢明と言えるでしょう。

日本時間深夜から早朝が狩り場

「BlackPanther」は日本時間深夜〜早朝が狩り場です(笑)。

まさにブラックパンサーが相場を狩るように利益を獲得していきます。

具体的には、、深夜3時〜9時までに新規エントリーをして、ロンドン市場がオープンする16時までに手仕舞いするといったロジックを採用しています。

世界の市場が開くときには寝ている、まさに夜行性ですね。

SOMEYA

「BlackPanther USDJPY」は肉食なEAですね。

BlackPanther USDJPYのパラメータ設定

BlackPanther USDJPYのパラメータ設定

「BlackPanther USDJPY」のパラメータ設定について重要部分のみ解説します。

「BlackPanther」は次のセクションのパラメータを設定します。

  • Set_02:基本設定
  • Set_03:エントリー時間の設定
  • Set_04:強制決済時間の設定
  • Set_05:週末強制決済の設定

ややこしく感じますが、マニュアルを見ればすぐにわかるようになっています。

基本的には、「ロット数」や「複利のオン/オフ」意外はそのままにするのがオススメです。手を加えるごとにEAの再現性が低くなってしまうので、注意しましょう。

SOMEYA

「BlackPanther USDJPY」は、EA初心者でも設定しやすいパラメータです。

BlackPanther USDJPYのバックテスト

BlackPanther USDJPYのバックテスト BlackPanther USDJPYのバックテスト BlackPanther USDJPYのバックテスト
通貨ペア USD/JPY
期間 2014.01.01 – 2015.12.31
初期証拠金 1,000,000円
スプレッド 0.5pips
純益 449,129
プロフィットファクタ(PF) 1.31
ペイオフレシオ(PR) 0.38
最大ドローダウン 260,448(15.74%)
相対ドローダウン 15.74%
勝率 77.40%
最大勝トレード 11,892
最大敗トレード -6,500
平均勝トレード 547.09
平均敗トレード -1,432.78
最大連勝 68
最大連敗 26
平均連勝 16
平均連敗 5

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

検証期間は、2014年〜2016(正確には2015年12月31日)年のため、若干短くなります。

しかし、その分、フォワードで実績が出ているのが何よりの証拠です。そのため、バックテストが短いのはほぼ気にする必要がないと言って良いでしょう。

純益

純益は約2年間で「449,129円」でした。

100万円が144万円になる計算です。

こう考えると少し物足りなく感じますが、2年間で50%くらい利益が出るというのは十分な結果だと個人的には思います。

「BlackPanther」は最大15ポジションをとるので、資金効率を上げようとロット数を増やすのはオススメできません。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.31倍と大変良い結果でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.38でした。

1.00を下回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より小さいということです。

「BlackPanther USDJPY」は勝率が高いので(77.40%)、勝率で補っていることになります。

勝率が77.40%の場合、損益率は0.29以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「BlackPanther USDJPY」は、十分すぎるほど手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で15.74%でした。20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われますが、このくらいなら問題はないでしょう。

資金効率を上げるためにロット数を増やす考え方がありますが、再三書いているように「BlackPanther」は最大15ポジション持つので、それはやめた方が良いでしょう。

もし、資金効率が悪いのが気になる方は、EAの数を増やすのもオススメです。

トレードの傾向

「BlackPanther USDJPY」は、勝率を高めにコツコツ利益を重ねていくEAです。

トレード数がかなり多く、少ないロット数でも証拠金が増えていくのを実感できると思います。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

BlackPanther USDJPYの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「BlackPanther USDJPY」の口コミ・評判を見てみましょう。

ユーザー
EA導入後狩りすぎてびびりました。また、フォワードにないところでも利益を伸ばしてくれています。 負けてもすぐ取り返してくれるので安心しています。
ユーザー

まさしく僕のEAではエース格です^^ 最大ポジション取ることも多いなので、複利機能をお使いの方は 十分注意してセットしてくださいね。

とにかくほぼ毎日元気良く働いてくれます! ポジションを確保したら大抵すぐにはプラスに転じません。 ほぼ赤字からスタートすることのほうが多いかも。

でも、最終的にはプラスで終われる。そんなEAです。

ユーザー
複利モードで運用してます、ポジションを取るとたいていマイナスで心配になるのですが、最終的には程度の差はあれ狩ってくれてます。

>>「BlackPanther USDJPY」のレビューをもっと見る

まとめ

トレストさんの「BlackPanther USDJPY」を徹底検証しました。

「BlackPanther USDJPY」は狩って狩って狩りまくるといった肉食派EAです。

夜、あなたが寝てから次の朝までに狩りを続ける「BlackPanther」を飼いならして証拠金をドンドン増やしましょう。くれぐれもロット調節はお気をつけて…!