段段Boostを徹底検証、EA「段段」の取引回数をブーストさせたスキャルピング型EA

段段Boostを徹底検証 EA検証

EA「連勝」が地味に100本を超えたこともあり、じわじわとファンを増やしているtoshiさん。

続く「段段」(だんだん)は、フォワードの勝率が100%という素晴らしい実績を持っています。

そんな「段段」に取引回数を増加(Boost)させた「段段boost」が販売開始されました。

「段段」と「段段Boost」はどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、toshiさんの「段段Boost」を徹底検証します。

SOMEYA

「段段」は、個人的に期待しているEAだったりします。

段段Boostのフォワードテスト

段段Boost | GogoJungle

「段段Boost」のフォワードテストの実績です。

  • 8/31:4.9pips
  • 9/17:4.9pips
  • 9/20:4.3pips
  • 9/20:6.6pips
  • 9/21:4.5pips

記事執筆時点で、25.2pips(28,250円/1.0ロットの場合)の利益が出ています。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「段段Boost」の商品ページに掲載されています。

段段Boostの特徴

通貨ペア EUR/USD
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 1
使用時間足 15分足
ストップロス(SL) 54.0、または54.3
テイクプロフィット(TP) 4.4、または4.5
両建て なし

段段の取引回数を増加(Boost)させたEA

「段段Boost」は、2018年6月に発売された「段段」の取引回数を増加(Boost)させたバージョンです。そのためより多くの取引機会を狙えるようになりました。

具体的には「段段と同じポジション」+「段段Boostのみのポジション」で取引します。最大ポジションは「1」なので、エントリーが重複することはありません。

以下、「段段」と「段段Boost」のバックテスト結果です(スプレッドは10)。

  • 段段:1万ドル→4.4万ドル
  • 段段Boost:1万ドル→6.5万ドル

取引回数が多い分、利益が多くなっているのが分かります。

勝率94.96%の順張りスキャルピングEA

「段段Boost」は高勝率のスキャルピングEAです。

大きなトレンドに沿って、逆らわないように順張りでスキャルピングをします。つまり、長期的に上昇のときは「買い」、下降のときは「売り」でエントリーする形になります。

トレンドに逆らわないため、勝率は94.96%と非常に高いのが特徴です。

複利利用可能

「段段Boost」は単利と複利をパラメータ(mm_mode)で切り替えられるようになっています。

デフォルトは「オフ(false)」になっていますが、好みで「オン(true)」にしても良いでしょう。

個人的には複利はオフにして、資金が増えたら別のEA(手法)を足すのをオススメします。

SOMEYA

「段段Boost」は現時点で勝率100%です!

toshiさんのEAシリーズのおさらい

ここで、toshiさんが開発されたEAのシリーズを振り返ってみましょう。整理すると、どのようなものかが見えやすくなってきます。

  1. 連勝(2017年11月21日)
  2. 段段(2018年6月20日)
  3. 段段Boost(2018年9月17日)

toshiさんの第1弾となるEA「連勝」は、2017年11月に販売開始されました。「連勝」はUSD/JPY(ドル/円)を使ったスキャルピングEAで、これまでに100本以上販売されました。

そして、2018年6月に「段段」が販売されました。「段段」は未だに勝率が100%というスゴいポテンシャルを秘めたEAといえます。

しかし、「段段」はあまりエントリーしないという弱点を持っています…。

そこで新たに開発されたのがエントリー回数を増やした「段段Boost」です。「段段」の能力はそのままに新たにエントリーポイントを作った強化版です。

また、「連勝」と「段段」をセットにしたお買い得番「『連勝』×『段段』セット販売」もあります。

ただ、せっかく「段段」はBoost版が販売されたので、もし今から選ぶなら「段段Boost」を選べば十分でしょう。

SOMEYA

「段段」の強化版が「段段Boost」になります。

段段Boostのパラメータ設定

「段段Boost」のパラメータ設定について解説します。

カッコ内()は、初期値です。

  • mm_mode(false):複利機能です。「true」でオンになります。
  • leverage(10):複利機能利用時のレバレッジ設定です。
  • lots(1):ロット数(0.1=1万通貨)
  • magic1(350647176):マジックナンバーです。
  • magic2(350647177):マジックナンバーです。
  • slippage(10):スリッページ設定。この値以上になるとエントリーしません。
  • maxspread(20):スプレッド設定。この値以上になるとエントリーしません。
  • boost(true):Boostの設定です。「true」にする取引回数が増加します。
  • timefilter:
  • ordercomment(MA_sample)=EAコメント。(任意で変更可能です)

以下、補足事項です。

ブースト機能

「段段Boost」は取引回数を増やすブースト機能が設定ができます。

  • true:boostオン
  • false:boostオフ

trueにすると、「段段」+「Boost」の2ロジックでエントリーします。

falseにすると、「段段」のみのエントリーになります(EA「段段」と同じになります)。

タイムフィルター

「段段Boost」はタイムフィルター機能があります。

タイムフィルター機能は、指定時間の取引を停止するものです。ポジションを持っているときは強制決済されます。

タイムフィルターは「サーバ時刻」(MT4の時刻)で入力します。

以下、入力ルールです。

  • 「曜日/取引停止時刻/取引開始時刻」の順に入力する
  • 最後にセミコロン「;」を入力する
  • 曜日の指定:0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土 7=毎日)

デフォルト:1/0000/0200;5/2200/2400;6/0000/2400;0/0000/2400

デフォルト値を例にすると(GMT+2/夏時間+3で入力しています)、

  • 月曜日の0時00分〜2時00分
  • 金曜日の22時00分〜24時00分
  • 土曜日の00時00分〜24時00分
  • 日曜日の00時00分〜24時00分

このようになります。

つまり、

  • 月曜日の早朝
  • 週末の夜(日本時間の土曜日明け方)

はエントリーしない(ポジションがあったときは強制決済)ことになります。

SOMEYA

MT4に採用されているタイムゾーンで多いのは、日足が5本で使いやすい「GMT+2」、続いて日本時間にあたる「GMT+9」です。

段段Boostのバックテスト

段段Boostのバックテスト
通貨ペア EUR/USD
期間 2005.01.11 – 2018.06.30
初期証拠金 10,000ドル
スプレッド 10
純益 5,5023.01
プロフィットファクタ(PF) 1.71
ペイオフレシオ(PR) 0.10
最大ドローダウン 2,791.00(9.73%)
相対ドローダウン 9.73%
勝率 94.23%
最大勝トレード 65.00
最大敗トレード -555.00
平均勝トレード 46.02
平均敗トレード -438.37
最大連勝 79
最大連敗 2
平均連勝 17
平均連敗 1

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

ただし、公式には、

  • スプレッド「5」「単利」
  • スプレッド「10」「単利」
  • スプレッド「5」「複利10倍」
  • スプレッド「10」「複利10倍」
  • スプレッド「5」「複利20倍」
  • スプレッド「10」「複利20倍」

以上の6種類があります。このうち、もっとも現実的な「スプレッド10、単利」を採用しています。

複利だと元金が少ないうちのドローダウンが見えくいため、ここでは使っていません。

検証期間は、2005年〜2018年と十分な期間と言えるでしょう。

純益

純益は12年間で「55,023.00ドル」でした。

グラフを見ても、きれいな右肩上がりの曲線であることが分かります。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.71倍と大変良い結果でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

また、1.50倍を超えているので非常に優秀なEAと判断できます。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.10でした。

1.00を下回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より小さいということです。その分、勝率でカバーしていることになります。

勝率が94.23%の場合、損益率は0.06以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「段段Boost」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で9.73%でした。20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われますが、9%台なのでかなり優秀です。

「段段Boost」はドローダウンが非常に小さいので(しかもシングルポジション)、100万円あたり0.2ロット(2万通貨)くらいのリスクをとっても問題ありません。

ただ、1EAに大きなロットを持つなら、複数のEAに分散する方がリスクは安定します。

トレードの傾向

「段段Boost」は、非常に勝率が高いEAです。

バックテストでは2連敗することはありましたが、基本は負けても次のトレードは大体勝つ。平均17連勝という非常に使いやすいEAと言えるでしょう(EA初心者の方にも利用しやすい)。

もし、1回の負けの大きさが気になる方は、勝率が低くたまに大きく勝つスイングトレード型のEA(「Beatrice」シリーズなど)を併用すると、より安定したポートフォリオを構築できます。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

段段Boostの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「段段Boost」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「段段Boost」の最新レビューを見る

まとめ

toshiさんの「段段Boost」を徹底検証しました。

toshiさんの「段段Boost」はきっとこれから流行るEAだと思っています。EAは販売本数が上がってくると値上がりしやすいので、まだ多くの人が使っていないうちにゲットしておきましょう。

個人的にもオススメのEAだったりします。