Grand-EdelWeiss EURUSDを撤退検証、1本の移動平均線でトレンドを予測するスキャルピングEA

Grand-EdelWeiss EURUSDを撤退検証 EA検証

「100%勝てるインジケータはない」という開発者のTACAさん(「タカ」さんと読むのでしょうか?)。

ホントそのように感じます。

いかに勝ちやすいときにトレードするか、負けたあとどうするかといったことの方がよっぽど大切なのだと思っています。

今回、検証する「Grand-EdelWeiss EURUSD」は一本の移動平均線を使うというもの。

多くのインジケータを使ったEAが多いなか、このシンプルな手法は気になります。

ここでは、TACAさんのEAから「Grand-EdelWeiss EURUSD」を徹底検証します。

SOMEYA

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は39,900円から値上げ予定です!

Grand-EdelWeiss EURUSDのフォワードテスト

Grand-EdelWeiss EURUSD  | GogoJungle

「Grand-EdelWeiss EURUSD」のフォワードテストの実績です。

取引枚数は複利によって徐々に上げています(1.00〜1.70)。

  • 2018年9月:7,299円
  • 2018年10月:17,832円

これまでに「25,131円」の利益が出ています。

2ヶ月のフォワードですが、かなりの取引数があるため、資金効率良く証拠金を増やせるでしょう。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「Grand-EdelWeiss EURUSD」の商品ページに掲載されています。

Grand-EdelWeiss EURUSDの特徴

通貨ペア EUR/USD
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 1
使用時間足 1分足
ストップロス(SL) 3
テイクプロフィット(TP)
両建て なし

1本の移動平均線を使用

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は、1本の移動平均線を使って相場を分析します。

最近まれに見るホンモノの「スキャルピング」EAのため、ポジション保有時間は数秒〜数分です。

1分足を使ったスキャルピングEA

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は1分足を使ったスキャルピングEAです。

1分足よりさらに短い間隔、ティックで取引するため、ティックが遅延したときは取引しないよう内部ロジックが組み込まれています(ティックが遅延すると勝率が下がるため)。

高頻度取引制御

さらに「高頻度取引制御」ロジックが組み込まれているため、1分の間に連続して取引を行わないようになっています。

こうしてみると、「Grand-EdelWeiss EURUSD」はガチのスキャルピングEAですね。

SOMEYA

ここまでスキャルピングっぽいEAは久々に見ました!

Grand-EdelWeiss EURUSDのパラメータ設定

「Grand-EdelWeiss EURUSD」のパラメータ設定について解説します。

  • Magic:マジックナンバー
  • Lot:取引ロット数
  • Mode:取引ロットをコントロールするモード(後述)
  • MaxSpread:設定値以上のスプレッドになると取引しません(単位:0.1pips)

Mode:取引ロットコントロール

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は、取引ロットを「手動」「自動」で選べます。

つまり、複利と同じですね。

  • Fixed:固定ロット(Lotで設定した枚数でトレードします)
  • VSys:自動ロット(証拠金の大半を使ってトレードします)

ここは、リスクを考えると「Fixed」にしておくのが良いかもしれません…。

SOMEYA

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は、EA初心者でも設定しやすいパラメータです。

Grand-EdelWeiss EURUSDのバックテスト

Grand-EdelWeiss EURUSDのバックテスト Grand-EdelWeiss EURUSDのバックテスト
通貨ペア EUR/USD
期間 2017.08.01 – 2018.07.30
初期証拠金 100,000円
スプレッド 4pips
純益 113,812.66
プロフィットファクタ(PF) 1.98
ペイオフレシオ(PR) 1.91
最大ドローダウン 3401.45(1.69%)
相対ドローダウン 2.77%
勝率 50.80%
最大勝トレード 2134.27
最大敗トレード -333.49
平均勝トレード 452.89
平均敗トレード -236.73
最大連勝 10
最大連敗 7
平均連勝 2
平均連敗 2

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

検証期間は、2017年〜2018年のため、若干短くなります。

スキャルピングなので難しいかもしれませんが、もう少し長いと信憑性が増すと思いました。

純益

純益は約2年間で「113,812.66円」でした。

1年間、0.1ロットで取引して約11万円の利益が出るというのは十分の結果と言えるでしょう。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.98倍と大変良い結果でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

ちなみに1.50倍を超えると優秀なEAを言われますが、その基準も余裕でクリアしています。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、1.91でした。

1.00を上回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より大きいということです。

スキャルピングEAなので、高勝率でコツコツドカンタイプかと思いきや、まったくの逆でした。

勝率が50.80%の場合、損益率は0.96以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「Grand-EdelWeiss EURUSD」は、十分すぎるほど手法として成り立つと言えるでしょう。

もう一度書きますが、スキャルピングEAでこれだけのペイオフレシオがあるのはスゴいですね。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で2.77%でした。20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われますが2%台なので、まったく問題ないでしょう。

100万円あたり0.72ロットロットくらいでも問題ありません。

資金効率が悪いのが気になる方は、EAの数を増やすのもオススメです。

トレードの傾向

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は、スキャルピングで高回転で売買しながら利益を重ねていきます。

勝率は高くありませんが、その分、1回あたりの勝ちが大きいの長期的に優位性があります。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

Grand-EdelWeiss EURUSDの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「Grand-EdelWeiss EURUSD」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「Grand-EdelWeiss EURUSD」のレビューをもっと見る

まとめ

TACAさんの「Grand-EdelWeiss EURUSD」を徹底検証しました。

「Grand-EdelWeiss EURUSD」は高頻度でトレードを繰り返すスキャルピングEAです。

「持っているEAがなかなかトレードしてくれない…」という方は、「Grand-EdelWeiss EURUSD」をポートフォリオに加えると、資金効率良く証拠金を増やしてくれるでしょう。