InstaFX-Rainmakerを徹底検証、あの「InstaFX」シリーズがついにGBP/JPYに対応

InstaFX-Rainmaker EA検証

2018年9月に「InstaFX-Rainmaker」の販売がはじまったとき、「『InstaFX』シリーズ購入者のみ」ということで、涙を飲んだ方も多かったと思います。

そして、気づけば「購入者限定」ではなく、誰でも買えるようになりました(歓喜)。

AlexaさんのEAは今後も人気が止まらなそうですね〜。

ここでは、Alexaさんの「InstaFX-Rainmaker」を徹底検証します。

SOMEYA

「InstaFX-Rainmaker」が単品で購入できるようになったのはうれしいですね!

InstaFX-Rainmakerの特徴

通貨ペア GBP/JPY
取引スタイル デイトレード
最大ポジション数 1
使用時間足 15分足
ストップロス(SL) 45
テイクプロフィット(TP) 220
両建て なし

カンタンなEA

「InstaFX-Rainmaker」は「雨が降るように大金を稼ぐEA」をコンセプトに作られました。

元祖「InstaFX」は「オシャレするように楽しくカンタンなEA」、続編「InstaFX-Relax」は「ビーチでリラックスしながらお気軽なEA」がコンセプトです。

毎回コンセプトがオシャレですね(笑)。

「InstaFX-Rainmaker」は、「InstaFX」とおなじくかんたんに使えるようになっています。

AI技術を応用した複数ロジックを搭載

「InstaFX-Rainmaker」はGBP/JPYの15分足を使ったトレンドフォロー型のEAです。

これは一見、シンプルなようですが、内部ではAI技術を使い、マーケットに応じて複数ロジックを使い分けてトレーディングするという方法がとられています。

また、損切りロジックにもAI技術を応用し、マーケットに応じて複数ロジックで撤退できるように作られています(最近のEAマジでスゴいですね…)。

これは「InstaFX」と同じ仕様です(TPなどパラメータは微妙に異なります)。

使いやすいシングルポジション

「InstaFX-Rainmaker」は最近のトレンドに合わせて、シングルポジションになっています。

そのため、「ナンピン」や「マーチンゲール」「両建て」といった高いリスクを取ることなく、安全に運用できます。このあたりの配慮も個人的にはうれしいです。

これも「InstaFX」と同じ仕様ですね。

SOMEYA

「InstaFX-Rainmaker」は初心者でも使いやすいカンタン設計がうれしいですね。

「InstaFX」シリーズのおさらい

ここで、Alexaさんの「InstaFX」シリーズを振り返ってみましょう。整理すると、どのようなものかが見えやすくなってきます。

  1. InstaFX(2017年11月29日)
  2. InstaFX-Relax(2018年7月13日)
  3. InstaFX-Rainmaker(2018年9月)

InstaFX」は、EUR/USD(ユーロ/ドル)を使ったEAです。

「InstaFX」直径でUSD/JPY(ドル/円)に対応したのが「InstaFX-Relax」です。15分足のトレンドフォロー、シングルポジションというのも共通しています。

そして、同じく「InstaFX」直径でGBP/JPY(ポンド/円)に対応したのが「InstaFX-Rainmaker」です。

SOMEYA

「InstaFX」シリーズでポートフォリオが組めるようになっています。

InstaFXを徹底検証、AI技術を応用し複数ロジックでマーケットを攻略していくEA

2018年9月15日

InstaFX-Rainmakerのパラメータ設定

「InstaFX-Rainmaker」のパラメータ設定について解説します。

カッコ内()は、初期値です。

  • Lot(0.1):運用ロットを入力します。
  • MM(false):複利機能の設定。「true」にするとONになります。
  • Use_BalanceMode(false):複利使用時、元になる金額を設定します。
  • MM_Percent(2):複利使用時、リスク%を設定します。
  • MaxSpread(1.0):スプレッドフィルター。設定値以上のスプレッドで注文をしません。
  • Magic1(1032018):マジックナンバー。他のEAと重複しないようにします。
  • Magic2(1042018):マジックナンバー。他のEAと重複しないようにします。
  • Magic3(1052018):マジックナンバー。他のEAと重複しないようにします。
  • Comments(InstaFX-Rainmaker):コメント。任意で変更可能です。
  • SummetTimeType(2):サマータイム方式を入力します。
  • SummerTime_GMT(3):サマータイム時(夏時間)のGMTを入力します。
  • DefaultTime_GMT(2):通常時(冬時間)のGMTを入力します。
  • Use_SihyouFilter(true):ニュースフィルター機能です。
  • Use_MondayFilter(false):月曜日の取引制限機能です。

以下、補足事項です。

複利機能の設定について

「InstaFX-Rainmaker」では、複利が設定できるようになっています。

MM

まず、「MM」で複利機能(Money Management)を使うかを設定します。

  • true:複利機能ON
  • false:複利機能OFF

Use_BalanceMod

次に「Use_BalanceMod」で複利計算をする基準の値を決めます。

  • true:余剰証拠金ベースで複利計算する
  • false:口座残高ベースで複利計算する

MM_Percent

「MM_Percent」で複利のリスクの取り方を決めます。

計算方法が複雑のため(非公開)、例を載せます。

「Use_BalanceMod」で決めた金額が1,000ドルの場合

  • MM_Percent = 1:0.04Lotで取引
  • MM_Percent = 2:0.08Lotで取引
  • MM_Percent = 3:0.12Lotで取引

この値を参考にリスクを取りましょう。ただ、「InstaFX-Rainmaker」はせっかく「カンタンなEA」がコンセプトのため、複利(MM)は「false」にして、運用するのも良いでしょう。

サマータイムについて

「InstaFX-Rainmaker」では、サマータイムの設定をする必要があります。

「SummetTimeType」の値を変更します。

  • 0:サマータイム制度を導入していない
  • 1:ヨーロッパ方式のサマータイム制度
  • 2:アメリカ方式のサマータイム制度

また、「SummerTime_GMT」(夏時間時のGMTオフセット)と「DefaultTime_GMTオフセット」(通常時間のGMT)を入力しましょう。

ニュースフィルター機能について

「InstaFX-Rainmaker」ではニュースフィルター機能が使えます(初期は「ON」になっています)。

ニュースフィルター機能を「true」にすると、日本時間の金曜日20:30以降から新規エントリーをしません。ポジションを持っているときは、20:45に強制決済をします。

雇用統計などが控えているとき、週末持ち越さないためにも便利な機能なので、「true」(ON)にしておくのをオススメします。

月曜日の取引制限機能について

「InstaFX-Rainmaker」は月曜日の取引制限機能が搭載されています(初期値は「OFF」になっています)。

取引制限機能を「true」にすると、月曜日のオープン(日本時間)から16時まで取引を行いません。つまり、週明けのロンドン市場が開くまでは取引をしないということです。

初期値は「false」(OFF)になっているので、そのまま使っても良いでしょう。

SOMEYA

MT4に採用されているタイムゾーンで多いのは、日足が5本で使いやすい「GMT+2」、続いて日本時間にあたる「GMT+9」です。

InstaFX-Rainmakerのバックテスト

InstaFX-Rainmaker InstaFX-Rainmaker
通貨ペア GBP/JPY
期間 2007.01.02 – 2018.07.31
初期証拠金 10,000ドル
スプレッド 20
純益 9801.61
プロフィットファクタ(PF) 1.26
ペイオフレシオ(PR) 1.03
最大ドローダウン 637.61(6.01%)
相対ドローダウン 6.01%
勝率 54.97%
最大勝トレード 199.22
最大敗トレード -42.99
平均勝トレード 27.68
平均敗トレード -26.79
最大連勝 15
最大連敗 8
平均連勝 2
平均連敗 2

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

検証期間は、2007年〜2018年と十分な期間と言えるでしょう。

スプレッドは「20」(2.0pips)で検証されています。通貨ペアがGBP/JPYなので、少しだけ心もとない気もしますが、スプレッドが狭めのブローカーを選べば問題ないでしょう。

純益

純益は12年間で「9,801.61ドル」でした。

グラフを見ても、きれいな右肩上がりの曲線であることが分かります。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.26倍と大変良い結果でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、1.03でした。

1.00を上回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より大きいということです。その分、勝率が低くても利益が出ることになります(損小利大)。

「Insta-FX」が0.61なので、かなり損小利大よりになったEAと言えるでしょう。

勝率が54.97%の場合、損益率は0.81以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「InstaFX-Rainmaker」は、十分すぎるほど手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で6.01%でした。20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われますが、6%なのでかなり優秀です。

「InstaFX-Rainmaker」はドローダウンが非常に小さいので(しかもシングルポジション)、100万円あたり0.3ロット(3万通貨)くらいのリスクをとっても問題ありません。

ただ、1EAに大きなロットを持つなら、複数のEAに分散する方がリスクは安定します。

トレードの傾向

「InstaFX-Rainmaker」は、1回あたりの勝ちが大きい損小利大型のEAです。

ただし、勝率は54.97%と低めなので、目先の勝ち負けにとらわれないようにしましょう。

もし、負けが気になる方は、「Insta-FX」と併用すると良いでしょう。「Insta-FX」は勝率が71.38%なので、かなり心に優しいトレードができるようになっています。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

InstaFX-Rainmakerのフォワードテスト

InstaFX-Rainmaker | GogoJungle

「InstaFX-Rainmaker」のフォワードテストの実績です。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「InstaFX-Rainmaker」の商品ページに掲載されています。

InstaFX-Rainmakerの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「InstaFX-Rainmaker」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「InstaFX-Rainmaker」の最新レビューを見る

まとめ

Alexaさんの「InstaFX-Rainmaker」を徹底検証しました。

「InstaFX」シリーズは今後も別の通貨ペアが出るのが楽しみですね(EUR/JPYとか)!

「InstaFX-Rainmaker」は、AIを応用したEAということで非常に人気が高いEAです。EUR/USD版、USD/JPY版、GBP/JPY版でポートフォリオを組んで運用を考えるのも良いでしょう。