FX投資を攻略するノウハウを紹介

Invest Press

人気の投稿

最近の投稿

Legato USDJPYを徹底検証:サクソバンク コンテスト特別賞を受賞した実力派EA

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA

「Legato USDJPY」は、2019サクソバンク コンテスト特別賞を受賞したEAです。ボラティリティを重視したプライスアクションで取引を行います。

ここでは、Keiさんの「Legato USDJPY」の特徴、フォワードテスト、バックテスト、口コミなどについて徹底検証します。

Legato USDJPYのフォワードテスト

Legato USDJPY | GogoJungle

「Legato USDJPY」のフォワードテストの実績です。

取引ロットは0.1(1万通貨)になります。

2018年5月24日から取引があるため、月次の結果を掲載します。

  • 2018年5月:5,620円
  • 2018年6月:8,420円
  • 2018年7月:1,410円
  • 2018年8月:5,210円
  • 2018年9月:-2,970円
  • 2018年10月:13,670円
  • 2018年11月:3,360円
  • 2018年12月:16,120円
  • 2019年1月:-4,540円
  • 2019年2月:-1,380円
  • 2019年3月:9,950円
  • 2019年4月:-1,050円
  • 2019年5月:60円
  • 2019年6月:2,230円
  • 2019年7月:3,660円
  • 2019年8月:0円
  • 2019年9月:1,950円
  • 2019年10月:15,290円
  • 2019年11月:7,960円
  • 2019年12月:3,700円
  • 2020年1月:13,350円

2018年5月24日〜2020年1月29日までの成績は「102,020円」でした。

  • プラス収支の月:16ヶ月
  • マイナス収支の月:4ヶ月
  • 0円の月:1ヶ月

販売開始されたのが2018年6月で2020年現在もランキングに入っていることを考えると(大半のEAはすぐに入れ替わります)、EAの能力の高さがわかります。

「収益」「収益率」「勝率」などの最新情報は、「Legato USDJPY」の商品ページに掲載されているので、ご参照ください。

Legato USDJPYの特徴

通貨ペア USD/JPY
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 1
使用時間足 5分足
ストップロス(SL) 30(ボラティリティによる)
テイクプロフィット(TP) 0(ボラティリティによる)
両建て なし

「Legato USDJPY」は1時間足と4時間足で中長期のトレンドを計り、5分足でエントリーをします。

固定で損切りや利確をするのではなく、直近の相場のボラティリティ(値動きの幅)を見ながら、相場に合わせて決済をします(これも長寿のEAの秘訣ですね)。

Legato USDJPYのパラメータ設定

「Legato USDJPY」のパラメータ設定について解説します。

基本は「Lots」で運用ロットを設定するだけでかまいません。

  • Magic1:マジックナンバー
  • Lots:ロットサイズ
  • MAXSpread:スプレッドフィルター
  • Comment:EAのコメント
  • BUY_logic:「true」でロングポジションを持つ
  • SELL_logic:「true」でショートポジションを持つ
  • BUY1_TP_Point:ロング利確係数(1以上推奨)
  • BUY_SL_Level:ロング損切係数
  • SELL1_TP_Point:ショート利確係数(1以上推奨)
  • SELL1_SL_Level:ショート損切係数
  • BUY_TP2_Point:ロング利確係数(1以上推奨)
  • BUY_SL:ロングの損切pips
  • SELL_TP2_Point:ショート利確係数(1以上推奨)
  • SELL_SL:ショートの損切pips
  • BUY_CL_Time:ロングポジションを持ってから決済までの時間
  • SELL_CL_Time:ショートポジションを持ってから決済までの時間

EAはかんたん設計されているものがいちばんです。

SOMEYA

Legato USDJPYのバックテスト

Legato USDJPYのバックテスト

通貨ペア USD/JPY
期間 2005.01.10 – 2018.2.20
初期証拠金 1,000,000円
スプレッド 5
純益 899,990円
プロフィットファクタ(PF) 1.24
ペイオフレシオ(PR) 1.36
最大ドローダウン 61,430(3.83%)
相対ドローダウン 5.40%
勝率 47.60%
最大勝トレード 8,700
最大敗トレード -3,000
平均勝トレード 2,988.66
平均敗トレード -2,191.16
最大連勝 9
最大連敗 12
平均連勝 2
平均連敗 2

バックテスト精度

バックテストは、公式のものを採用しています。

「2005年〜2018年」のデータ。検証期間は十分な長さです。

スプレッドは「5」(0.5pips)。USD/JPYなので全体的にスプレッドは狭いですが、MT4で0.5pipsを前提にすると、少し厳しいかもしれません。

実際のトレードはここまできれいな成績にならないものと思っておきましょう。

純益

純益は14年間で「899,990円」でした。

100万円の証拠金が約189万円になるイメージです。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.24でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、1.36でした。

1.00を上回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より大きいということです。人気のEAではかなり珍しいタイプと言えるでしょう。

(多数の人に支持されるEAは勝率が良くて、PRが低くコツコツドカンが多いのです)

勝率が47.60%の場合、損益率は1.10以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「Legato USDJPY」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、5.40%でした。ドローダウンは20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われるので、十分運用に耐えられるものと言えます。

100万円あたり0.3ロットくらいでも耐えられるでしょう。

トレードの傾向

「Legato USDJPY」は、損小利大で利益を重ねていく教科書のようなEAです。

前述したように、多くの人に支持されるEAは勝率が高いのですが、その分、1回あたりの負けが大きいため、負けが続くと耐えられなくなり投げてしまうEAが多いのが現実です(これが現実なのです)。

「Legato USDJPY」は勝率こそ40%台ですが、1回あたりの勝ちが負けより高いため、長期的には利益を出してくれるEAになっています。だからこそ長期間支持されているのだと思います。

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

SOMEYA

Legato USDJPYの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「Legato USDJPY」の口コミ・評判を見てみましょう。

>> 「Legato USDJPY」の最新レビューを見る

まとめ

Keiさんの「Legato USDJPY」を徹底検証しました。

「Legato USDJPY」は最近のEAでは珍しく長い期間にわたってトレーダーに選ばれているEAです。それだけ実力があるEAと言えるでしょう。

あなたがFX相場を攻略するのを応援しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA

Copyright© Invest Press , 2020 All Rights Reserved.