MultiLogicShot_T2を徹底検証、「MultiLogicShot_EA」の別通貨ペア(EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USD)バージョンの高勝率EA

EA検証

2017年に発売された「MultiLogicShot_EA」が安定した利益を重ねています。

F-STYLEさんの「MultiLogicShot_EA」は、3通貨ペア(USD/JPY、GBP/USD、EUR/USD)でポートフォリオを組んでトレードするEAでした。

2018年、さらに3通貨ペア(EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USD)を足したEA「MultiLogicShot_T2」が開発されました。

「MultiLogicShot_EA」と「MultiLogicShot_T2」を組み合わせて使うと、収益が非常に安定するミニポートフォリオをつくることができます。

では、「MultiLogicShot_T2」はどのように使っていけばよいのでしょうか。

ここでは、F-STYLEさんの「MultiLogicShot_T2」について徹底検証します。

SOMEYA

「MultiLogicShot_EA」と「MultiLogicShot_T2」を組み合わせると、6通貨ペアのより強固なポートフォリオが構築できます。

MultiLogicShot_T2の特徴

通貨ペア EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USD
取引スタイル デイトレード
最大ポジション数 2
使用時間足 5分足
ストップロス(SL) 70
テイクプロフィット(TP) 10
両建て なし

朝の時間帯に限定した高勝率型EA

「MultiLogicShot_T2」は、勝率が高くなりやすいという朝の時間帯に限定したEAです。

そのため、勝率は90%以上をキープしています(バックテスト結果は後述します)。

EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USDの3通貨ペアでトレード

「MultiLogicShot_T2」は、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USDの3通貨ペアでトレードします。

また、F-STYLEさんの元祖EA「MultiLogicShot_EA」は「USD/JPY、GBP/USD、EUR/USD」の3通貨に対応しているので、より多くの通貨ペアでポートフォリオを組むことが可能です。

3パターンの決済処理

「MultiLogicShot_T2」は、「MultiLogicShot_EA」と同じく、3パターンの決済処理に対応しています。これにより、コツコツ利益を稼ぐことから、利益を最大まで伸ばすことが可能になります。

そして、最大2回ポジションをとることがあります。

だんだん頭がこんがらがってきますよね(笑)。

  • 1回目のエントリー:設定したロット×3回エントリーする→3回に分けて決済
  • 2回目のエントリー:設定したロット×3回エントリーする→3回に分けて決済

つまり同時に6ポジションを取ることがあるということです。

プラス、3通貨ペアで運用できるので、合計18ポジションを取ることがあります。

証拠金が不足する可能性もあるので、ロット管理には気をつけましょう。バックテストの結果、100万円あたり0.1ロット(1万通貨)なら十分安全な運用が可能です。

SOMEYA

リターンを求めるあまり、リスクを負いすぎないように気をつけましょう!

F-STYLEさんのEAのおさらい

ここでF-STYLEさんが開発したEAを見てみましょう。シリーズをまとめると傾向が見えてきます。

  • MultiLogicShot_EA(2017年12月21日)
  • MultiLogicShot_T2(2018年4月26日)

F-STYLEさんは、今回検証している「MultiLogicShot_T2」とほぼ同じロジックで運用する別通貨ペアバージョン「MultiLogicShot_EA」があります。

通貨ペアはこのようになります。

  • MultiLogicShot_EA:USD/JPY、GBP/USD、EUR/USD
  • MultiLogicShot_T2:GBP/JPY、EUR/JPY、AUD/USD

「MultiLogicShot_EA」が元にあって、「MultiLogicShot_T2」が別通貨ペアバージョンとして誕生したと考えると良いでしょう。

MultiLogicShot_EA

MultiLogicShot_EAを徹底検証、3つの決済ロジックが3通貨ペアに対応。これだけでミニポートフォリオを構築できるEA

2018年9月8日

MultiLogicShot_EA:取引高の多い通貨ペアを選んだ王道EA

1作目にあたる「MultiLogicShot_EA」は取引高が多い通貨ペアを選んでいるのが分かりますね〜。

  • 1位:EUR/USD:23%
  • 2位:USD/JPY:18%
  • 3位:GBP/USD:9%
  • 4位:AUD/USD:5%
  • 5位:CAD/USD:4%
  • 6位:CHF/USD:4%

CAD/USDとCHF/USDは年によって上下しますが、大体こんな感じです。

MultiLogicShot_T2:1作目を補完するEA

2作目の「MultiLogicShot_T2」は、GBP/JPYやEUR/JPYなど1作目を補完する通貨ペアを中心にトレードします。

基本的には、EAごとに3通貨ペア、3通貨ペアで計6通貨ペアで運用するのがおすすめですが、ドル、ユーロ、円の3通貨ペアだけに絞ってポートフォリオを組んで使うという方法も可能です。

とは言うものの、やはり通常どおりの使用がいちばん良さそうですね(笑)。

SOMEYA

2つのEAを組み合わせると、ポートフォリオが構築できます。

MultiLogicShot_T2のパラメータ設定

「MultiLogicShot_T2」のパラメータ設定について解説します。

基本設定

まずは、基本設定です。カッコ内()は初期値です。

  • Magic(563250):マジックナンバー。他のEAとナンバーが重複しないようにしましょう。
  • Lots(0.1):ロット数
  • Slippage(5.0):許容するスリッページ(Pips)
  • Spread(5.0):許容するスプレッド(Pips)
  • TP(10):利確幅(Pips)
  • SL(75):最大損切り幅(Pips)
  • Trail(10):トレールストップの設定幅(Pips)
  • ExitTime(23:50):週末決済を行う時刻
  • Comments(MLS_T2):コメント(EAと通貨ペアを入れておくと良いでしょう)

以下、補足になります。

Magic:通貨ペアごとに異なるものを入れておく

「MultiLogicShot_T2」は、3通貨ペアで運用されます。

EAは、1通貨ペアのチャートごとに設定するため、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USDごとに異なるマジックナンバーを設定しましょう(誤作動防止)。

(例)

  • EUR/JPY:563250
  • GBP/JPY:563251
  • AUD/USD:563252

ExitTime:週末決済を行う時刻を入力

「MultiLogicShot_T2」は、週末の予期せぬ相場の動きからリスク回避するため、週末決済を行う機能が搭載されています。

ここで入力するのは、サーバー時刻(MT4の時刻)です。

「MultiLogicShot_T2」は、GMT+2(夏時間は+3)のサーバー時刻のMT4で使用する前提で作られているため、初期値の「23:50」は6時50分(夏時間は5時50分)になります。

もし、GMT+0(グリニッジ標準時)やGMT+9(日本時間)のMT4で運用するときは、それぞれの時間帯に合わせましょう。

  • GMT+0:「20:50」に設定
  • GMT+9:「06:50」に設定(夏時間は「05:50」に設定)
SOMEYA

FX業者の週末取引時間を確認しましょう!

オプション設定

ここは必要に応じて設定しましょう。

  • ChangeEntryTime(false):エントリー時刻の変更の有無
  • EntryTimeST:エントリー開始時刻
  • EntryTimeED:エントリー終了時刻
  • SPMode1/2/3(False):ストップモード起動有無
  • SPTimeST1/2/3:ストップモード開始日時
  • SPTimeED1/2/3:ストップモード終了日時
  • SPModeWeek(False):ストップモード(曜日対応)起動有無
  • SPWeek:ストップモードの対応曜日

以下、補足になります。

エントリー時刻の設定

「MultiLogicShot_T2」は、朝の勝率が高い時間帯を狙ってトレードします。

「ChangeEntryTime」では、エントリー時刻を変更できるモードのON・OFFが切り替えられます。「true」にすることで、エントリー時刻の変更モードがオンになります(初期値は「false」)。

「EntryTimeST」と「EntryTimeED」で、それぞれエントリー開始時刻と終了時刻をサーバー時間(MT4の時間)で入力します。

ストップモード(時間)の設定

「MultiLogicShot_T2」は、指定した「時間」に「新規エントリーしない」「もし、ポジションを持っていた場合強制決済する」ストップモード(時間)が搭載されています。

「SPMode1/2/3」(3パターン選べる)では、ストップモードのON・OFFが切り替えられます。「true」にすることで、ストップモード(時間)がオンになります(初期値は「false」)。

「SPTimeST」「SPTimeED」で、それぞれストップの開始時刻と終了時刻をサーバー時間(MT4の時間)で入力します。

「SPTimeST」の時点でポジションを持っていた場合は、強制決済されます。

ストップモード(曜日)の設定

同じく、指定した「曜日」に「新規エントリーしない」「もし、ポジションを持っていた場合強制決済する」ストップモード(曜日)が搭載されています。

「SPModeWeek」では、ストップモードのON・OFFが切り替えられます。「true」にすることで、ストップモード(曜日)がオンになります(初期値は「false」)。

「SPWeek」で、エントリーしない曜日を7ケタの数値(「日月火水木金土」の順)で設定します。

  • 1:エントリーする
  • 0:エントリーしない

(例)金曜日はエントリーしない場合

「1111101」と入力する。

設定した曜日になった時点でポジションを持っていた場合は、強制決済されます。

SOMEYA

オプション設定は、分からないうちは触らないのが無難です…。

MultiLogicShot_T2のバックテスト

MultiLogicShot_T2のバックテスト
通貨ペア GBP/JPY, EUR/JPY, AUD/USD
期間 2005.01.11 – 2017.12.29
初期証拠金 1000,000円
スプレッド 20
純益 3,145,702.71
プロフィットファクタ(PF) 1.55
ペイオフレシオ(PR) 0.09
最大ドローダウン 14,339(8.13%)
相対ドローダウン 8.13%
勝率 94.17%
最大勝トレード 9,800.00
最大敗トレード -23,063.36
平均勝トレード 1138.21
平均敗トレード -11,824.26
最大連勝 143
最大連敗 9
平均連勝 24
平均連敗 1
MultiLogicShot_T2のバックテスト
通貨ペア GBP/JPY, EUR/JPY, AUD/USD
期間 2005.01.11 – 2017.12.29
初期証拠金 1000,000円
スプレッド 30
純益 2,981,840.26
プロフィットファクタ(PF) 1.36
ペイオフレシオ(PR) 0.09
最大ドローダウン 201,143(5.12%)
相対ドローダウン 9.90%
勝率 93.27%
最大勝トレード 9,700.00
最大敗トレード -23,075.62
平均勝トレード 1,136.70
平均敗トレード -11,548.07
最大連勝 117
最大連敗 12
平均連勝 22
平均連敗 2

バックテスト精度

バックテストは、公式のものを採用しています。

「MultiLogicShot_T2」は、「スプレッド:2.0pips、3.0pips」の2パターンでバックテストした3通貨ペア合計のバックテストデータが公表されています(上から順です)。

「MultiLogicShot_EA」では「1.0pips」でテストしたものもありましたが、「MultiLogicShot_T2」は通貨ペアのスプレッドを考慮されており、1.0pipsのものはありません。

「2005年〜2017年」のデータのため、特に問題ないといって良いでしょう。

「MultiLogicShot_T2」は取引量が少ない(スプレッドが広がりやすい)朝の時間帯にトレードするため、できるだけスプレッドが狭いFX業者を選ぶようにしましょう。

バックテストの結果は、良ければ2.0pips、悪くても3.0pipsくらいの再現性があると考えれば良いと思います。

ここではスプレッド「2.0」のデータを中心に話を進めます。

純益

純益は13年間で「4,145,702円」でした。

100万円が13年間で約5倍(元金100万円+利益400約万円)になったことを考えると、かなり良い成績を持っているといえます。勝率が高いのもうれしいところです。

ちなみにスプレッド3.0では、約4倍になります。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.55でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

「MultiLogicShot_T2」は1.50を超えているので、かなり優秀なEAだと判断できます。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、2つのバックテストともに0.09でした。

1.00を切っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より少ないということです。ただし、「MultiLogicShot_T2」の場合は、それを勝率で補っていることになります。

勝率が94.17%の場合、損益率は0.06以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「MultiLogicShot_T2」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

スプレッド3.0pipsでも損益率が0.07以上あれば問題ありません。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で9.90%でした。ドローダウンは20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われるので、十分余裕のドローダウンと言えるでしょう。

「MultiLogicShot_EA」は約19%だったので、「MultiLogicShot_T2」の方が改善されていることが分かります。

「MultiLogicShot_T2」は勝率が高いので、ロット数だけ100万円あたり0.1ロット(1万通貨)を守れば十分に運用できます。

トレードの傾向

「MultiLogicShot_T2」は、勝率が94.17%ということで、非常に高い勝率が魅力のEAと言えます。

その分、1回の負けは大きくなりがちですが、それを十分に補うだけのポテンシャルは持っています。3通貨ペアでポートフォリオが組めるのもメリットと言えるでしょう。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

通貨ペアを考えると、1作目の「MultiLogicShot_EA」と一緒に運用するのが良いでしょう。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

MultiLogicShot_T2のフォワードテスト

MultiLogicShot_T2 | GogoJungle

「MultiLogicShot_T2」のフォワードテストの実績です。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「MultiLogicShot_T2」の商品ページに掲載されています。

MultiLogicShot_T2の口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「MultiLogicShot_T2」の口コミ・評判を見てみましょう。

ユーザー
掲載されているより古い期間でバックテストをしてみましたが、綺麗な右肩上がりです。安いので2本買いましたが正解でした。AUDUSDは資産曲線が若干不安定なので、少しロットを減らして運用しています。

>>「MultiLogicShot_T2」のレビューをもっと見る

まとめ

F-STYLEさんの「MultiLogicShot_T2」を徹底検証しました。

「MultiLogicShot_T2」は「「MultiLogicShot_EA」と同じく、非常に高い勝率が魅力的なEAです。朝の時間帯の取引はEAにまかせて、効率よく資金を増やしていきましょう。

「MultiLogicShot_T2」と合わせて、1作目の「MultiLogicShot_EA」も一緒に運用すると、より強固なポートフォリオができあがりますよ!