Pips_miner_EA_Snipe_Editionを徹底検証、「Pips_miner_EA」のエントリー精度を高めてPF2.04を実現させた改善版EA

EA検証

ねこ博士さんのEAは、発売後、マイナーチェンジされたものが発売されることがあります。

たとえばそれは「通貨ペアを変えたもの」だったり、「フィルターを変えたもの」だったり。

それらを「低価格」で出してくれるのがうれしいですよね。

ここでは、ねこ博士さんの「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」について徹底検証します。

SOMEYA

ねこ博士さんのEAはお買い得なEAが多くてうれしいですね。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionのフォワードテスト

Pips_miner_EA_Snipe_Edition | GogoJungle

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」のフォワードテストの実績です。

取引ロットは0.1(1万通貨)になります。

2018年8月28日〜10月30日までに「11,136円」の利益が出ています。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」の商品ページに掲載されています。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionの特徴

通貨ペア GBP/USD
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 3
使用時間足 15分足
ストップロス(SL) 80
テイクプロフィット(TP) 8
両建て なし

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」は、「Pips_miner_EA」を改良したEAです。具体的には、エントリー精度を高めて、PF(利益率)を1.5倍から2.0倍まであげることに成功しています。

エントリー精度を高める分、トレード回数は3分の1〜2分の1程度になっています。「トレードすればいい」というわけではないので、これは賢い戦略と言えるでしょう。

SOMEYA

「Pips_miner_EA」を持っていない方は、「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」を選ぶのが良いでしょう。

ねこ博士さんのEAのおさらい

ねこ博士さんと言えば、「お手頃な価格で使えるEAを販売している人」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。お財布に優しいEAはうれしいですよね(笑)。

そこで、ねこ博士さんがこれまでにどんなEAを発表してきたのかをまとめて見てみましょう。シリーズをまとめると傾向が見えてきます。

  • EA_Six_Arrow(2015年7月31日)*販売停止
  • EA_final_max(2015年8月27日)*販売停止
  • EA_final_max_ED(2015年9月4日)
  • EA_final_max_ED_Limited(2016年3月31日)
  • EA_final_max_Revolution(2016年8月8日)
  • 粉雪(2016年8月19日)
  • EA_final_max_Revo_Turbo(2016年9月20日)*販売停止
  • 吹雪(2016年10月4日)
  • EA_final_max_steady(2016年10月4日)*販売停止
  • EA_final_max_Full_Throttle(2017年1月9日)*販売停止
  • EA_final_swing_GBPJPY(2017年3月8日)
  • EA_final_max_5pair(2017年3月10日)
  • EA_Bazooka_GBPJPY(2017年6月12日)*販売停止
  • Scal_USDJPY(2017年6月22日)
  • EA_final_max_Reverse(2017年8月31日)*販売停止
  • EA_final_max_Revo_Turbo_Plus(2018年2月28日)
  • EA_final_max_w_mix(2018年3月7日)
  • Pips_miner_EA(2018年4月12日)
  • EA_final_max_NEXT(2018年4月27日)
  • EA_final_max_Booster(2108年5月22日)
  • EA_Midnight_Koala(2018年8月3日)
  • Scal_USDJPY_Morning_Edition(2018年8月14日)
  • Pips_miner_EA_EURAUD(2018年8月14日)
  • Moni_Sca_USDJPY(2018年8月31日)
  • EA_Midnight_Koala_NZ_Plus(2018年9月25日)
  • Pips_miner_EA_Snipe_Edition(2018年10月26日)

ねこ博士さんは、GBP/USDを使ったスキャルピングEA「final_max」シリーズを中心に、EUR/USD版などそこから派生EAのほか、多くのシリーズを発売してきました。

元になる「Pips_miner_EA」は2018年4月に発売されています。

その後、EUR/AUD版の「Pips_miner_EA_EURAUD」が発売され、今回の「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」が発売されました。

Pips_miner_EA_EURAUDを徹底検証、高頻度トレードを繰り返すEAの別通貨ペアでポートフォリオを組む

Pips_miner_EA_EURAUDを徹底検証、高頻度トレードを繰り返すEAの別通貨ペアでポートフォリオを組む

2018年10月18日

Pips_miner_EA_Snipe_Editionのパラメータ設定

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」のパラメータ設定について解説します。

ねこ博士さんのEAは、基本そのまま使えるので、詳細は割愛します。

基本的には「Lot」(取引枚数)、「MM」(複利機能)を設定すれば良いでしょう。

TPは「8」、SLは「80」に設定されています。ここはデフォルトをおすすめします。

ほか、GMTの設定等はお使いのFX業者に合わせて設定しましょう。

SOMEYA

EAはかんたん設計されているものがいちばんです。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionのバックテスト

Pips_miner_EA_Snipe_Editionのバックテスト Pips_miner_EA_Snipe_Editionのバックテスト Pips_miner_EA_Snipe_Editionのバックテスト
通貨ペア GBP/USD
期間 2005.01.11 – 2018.10.24
初期証拠金 10,000ドル
スプレッド 15
純益 14,201.97
プロフィットファクタ(PF) 2.04
ペイオフレシオ(PR) 0.24
最大ドローダウン 1,156.53(6.15%)
相対ドローダウン 6.15%
勝率 89.27%
最大勝トレード 59.19
最大敗トレード -135.04
平均勝トレード 8.08
平均敗トレード -32.87
最大連勝 88
最大連敗 5
平均連勝 12
平均連敗 1

バックテスト精度

バックテストは、公式のものを採用しています。

「不整合チャートエラー」は「30」。「2005年〜2018年」のデータ。

検証期間は十分です。

ただし、スプレッドは「15」(1.5pips)のため、できるだけスプレッドが狭いFX業者でトレードしないと再現性が難しくなってしまいます(命取りなので気をつけましょう)。

純益

純益は14年間で「14,201.97ドル」でした。

毎年10%以上の利益を上げていることになります(複利を使えばさらに上がります)。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は2.04でした。これは非常に高い結果と言えます。平均としては1.50以上あるとEAは好む人が多くなるようです。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

また、1.50倍を超えているとかなり優秀なので、2倍を超えている「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」は優等生中の優等生と言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.24でした。

1.00を切っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より少ないということです。ただし、「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」の場合は、それを勝率で補っていることになります。

勝率が89.27%の場合、損益率は0.12以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で6.15%でした。ドローダウンは20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われるので、素晴らしいデキといえます。

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」はドローダウンが非常に低いEAなので、取引ロットを3倍くらいに増やしてしまっても問題ありません。

具体的にはバックテストは1万ドル(約100万円)に対して0.3ロット(3万通貨)くらいで取引しても良いでしょう(ただし、最大3枚保有するので必要証拠金は気をつけましょう)。

ただ、同じEAで枚数を多くするなら、複数のEAに分散して運用するほうがリスクは下がります。

トレードの傾向

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」は、ガンガンエントリーし、かつ高い勝率を持っているEAです。

EUR/AUD版の「Pips_miner_EA_EURAUD」(←こちらもドローダウンが少なくてかなり優等生なEAだったりします)と一緒に使うとさらにポートフォリオが強固になるでしょう。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

Pips_miner_EA_Snipe_Editionの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」の最新レビューを見る

まとめ

ねこ博士 さんの「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」を徹底検証しました。

「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」は「Pips_miner_EA」のアップデート版と呼べるので、前EAを持っていない方は「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」のみ購入すれば良いでしょう。

さらにパワーアップした「Pips_miner_EA_Snipe_Edition」を使って、相場からコツコツ利益を稼いでいきましょう。