FX投資を攻略するノウハウを紹介

Invest Press

人気の投稿

最近の投稿

スキャルピングカピパラを徹底検証、2つのロジックを搭載したスキャルピングEA

SOMEYA
WRITER
 
スキャルピングカピパラを徹底検証
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA

かわいいアイコンが特徴的なKMLさんEA。

お世辞にも見た目に気を使っているとは言えないEAが多いなか、KMLさんみたいに統一感のある世界を見せてくれるのは、それだけでうれしいですよね(もちろん実力も必要)。

今回検証するのは、ドル円を使った24時間型のスキャルピングEAです。

この記事では、KMLさんの「スキャルピングカピパラ」について徹底検証します。

KMLさんのEAは、イラストも統一感があって良いですよね。

SOMEYA

スキャルピングカピパラのフォワードテスト

スキャルピングカピパラ | GogoJungle

「スキャルピングカピパラ」のフォワードテストの実績です。

取引ロットは1.0ロット(10万通貨)になります。

日時 結果
2019/02/25 22:30:00 -14,600
2019/02/26 17:25:00 16,300
2019/02/28 0:20:00 -4,400
2019/02/28 11:10:00 9,700
2019/03/01 14:30:00 10,400
2019/03/06 7:20:00 -1,200
2019/03/08 13:05:00 5,100
2019/03/08 17:45:00 4,100
2019/03/11 15:00:00 6,700
2019/03/12 8:00:00 3,700
2019/03/14 0:55:00 8,000
2019/03/14 13:10:00 8,400
2019/03/19 7:50:00 4,300
2019/03/20 0:06:00 4,300
損益 61,350

2019年2月25日〜2019年3月20日までで「61,350円」の利益を上げています。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「スキャルピングカピパラ」の商品ページに掲載されています。

スキャルピングカピパラの特徴

通貨ペア USD/JPY
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 2
使用時間足 5分足
ストップロス(SL) 85
テイクプロフィット(TP) 30
両建て なし

「スキャルピングカピパラ」は、USD/JPYを使ったスキャルピングEAです。

異なるロジックを搭載し、相場から利益を狙います。

実際のトレーダーさんが開発するEAは強いですね。

SOMEYA

KMLさんのEAのおさらい

KMLさんはこれまでに多くのEAを開発してきました。

そこで、KMLさんがこれまでにどんなEAを発表してきたのかをまとめて見てみましょう。

  • Hrunting GBPJPY M30:2017年8月31日
  • Flame Angel USDJPY M5:2017年8月31日
  • Estoc GBPUSD M15:2017年10月26日
  • Shinning Sword EURUSD M15:2017年12月20日
  • Durandal GBPUSD M15:2017年12月25日
  • Gram USDJPY M15:2018年1月28日
  • Sylph USDJPY M15:2018年2月20日
  • Salamander USDJPY M5:2018年3月23日
  • Gram GBPUSD M15:2018年3月23日
  • Undine EURUSD M5:2018年6月19日
  • Almace USDJPY M5:2018年9月17日
  • スキャルピングカピバラ:2019年2月19日

こうしてみると、EURUSD, USDJPY, GBPUSDなどメジャー通貨ペアを得意としていることがわかります。

スキャルピングカピパラのパラメータ設定

スキャルピングカピパラのパラメータ設定

「スキャルピングカピパラ」のパラメータ設定について解説します。

以下、説明の必要がありそうな部分のみ記載します。

GMT設定

GMTを入力します。

  • GMT:冬時間のGMTを入力します
  • サマータイム:米国式「1」、英国式「2」、サマータイムなし「0」を入力します

EAはかんたん設計されているものがいちばんです。

SOMEYA

スキャルピングカピパラのバックテスト

スキャルピングカピパラのバックテスト

通貨ペア USD/JPY
期間 2007.01.01 – 2019.02.01
初期証拠金 10,000ドル
スプレッド 10
純益 146,538.95
プロフィットファクタ(PF) 1.62
ペイオフレシオ(PR) 0.60
最大ドローダウン 3855.43(23.36%)
相対ドローダウン 23.36%
勝率 72.92%
最大勝トレード 369.26
最大敗トレード -1,102.36
平均勝トレード 113.06
平均敗トレード -188.28
最大連勝 26
最大連敗 8
平均連勝 4
平均連敗 1

バックテスト精度

バックテストは、公式のものを採用しています。

「不整合チャートエラー」は「0」。「2007年〜2019年」のデータ。

検証期間は十分です。

スプレッドが「10」(1.0pips)ということで、USD/JPYをトレードするときはできるだけスプレッドが狭いFX業者を選ぶようにしましょう。

純益

純益は13年間で「146,538.95ドル」でした。

100万円の証拠金で運用すると1,565万円になる計算です。単利でこの結果なので、かなり良い成績と言えるでしょう。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.62でした。これは非常に高い結果と言えます。平均としては1.50以上あるとEAは好む人が多くなるようです。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

また、1.50倍を超えているとかなり優秀なので、「スキャルピングカピパラ」は優等生と言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.60でした。

1.00を下回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より少ないということです。その分、勝率で補っていることになります。

勝率が72.92%の場合、損益率は0.37以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「スキャルピングカピパラ」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で23.36%でした。ドローダウンは20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われます。23.36%はちょっと気になるレベルと言えるでしょう。

もし、できるだけ安定した運用をしたいという方は、100万円あたり0.08ロット(8000通貨)くらいを目処に運用するのをおすすめします。

トレードの傾向

「スキャルピングカピパラ」は、堅実な運用が可能なEAです。

ただし、ドローダウンが23%あるため、取引ロットは大きくしないようにしましょう。前述のように100万円あたり0.08ロットくらいを目処にすれば、安全に運用できます。

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

SOMEYA

スキャルピングカピパラの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「スキャルピングカピパラ」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「スキャルピングカピパラ」の最新レビューを見る

まとめ

KMLさんの「スキャルピングカピパラ」を徹底検証しました。

「スキャルピングカピバラ」は多少ドローダウンが気になるものの、期待できる収益が非常に高いEAです。かつKMLさんのEAは机上でないのが頼もしかったりします。

24時間型のスキャルピングEAを導入して、FX相場から利益を獲得していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA










Copyright© Invest Press , 2019 All Rights Reserved.