FX投資を攻略するノウハウを紹介

Invest Press

人気の投稿

最近の投稿

スキャルピングゼウスを徹底検証、完全同一ロジックで6通貨ペアに対応した上質なEA

SOMEYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA

EAは基本的にひとつの通貨ペアに最適化されているため、どうしてもドル円やユーロドルなどの通貨ペアに運用が偏りがちです。

「複数の通貨ペアで運用できたらいいんだけどな…」という方も多いと思います。

今回、検証した「スキャルピングゼウス」は、完全同一ロジックで6通貨ペアに対応している珍しいEAです。

ここでは、FX貴族さんの「スキャルピングゼウス」を徹底検証します。

FX貴族さんは安定したEAを多く開発しています。

SOMEYA

スキャルピングゼウスのフォワードテスト

スキャルピングゼウス | GogoJungle

「スキャルピングゼウス」のフォワードテストの実績です(単位:円)。

取引ロットは0.1(1万通貨)になります。

日時 結果
2019/02/05 10:10:00 -1,188
2019/02/05 21:50:00 760
2019/02/06 12:55:00 650
2019/02/07 8:45:00 1,033
2019/02/07 14:50:00 -483
2019/02/08 5:00:00 -110
2019/02/11 22:10:00 476
2019/02/12 23:30:00 930
2019/02/12 23:30:00 730
2019/02/13 9:35:00 -398
2019/02/14 1:55:00 345
2019/02/14 10:15:00 543
2019/02/14 19:15:00 1,094
2019/02/14 19:20:00 960
2019/02/14 23:05:00 -784
2019/02/15 15:30:00 1,128
2019/02/18 7:45:00 1,010
2019/02/18 7:50:00 1,095
2019/02/18 7:50:00 1,161
2019/02/18 7:55:00 1,000
2019/02/19 21:45:00 830
2019/02/19 23:50:00 1,000
2019/02/20 5:20:00 -1,308
2019/02/20 5:40:00 650
2019/02/20 5:40:00 1,030
2019/02/20 21:05:00 -1,274
2019/02/20 21:15:00 1,185
2019/02/21 5:00:00 990
2019/02/21 5:10:00 609
2019/02/21 13:45:00 1,107
2019/02/22 21:40:00 -277
2019/02/22 22:10:00 -465
2019/02/25 22:30:00 -1,600
2019/02/26 3:35:00 960
2019/02/26 7:00:00 1,097
合計 14,475

約1ヶ月で、「14,475円」の利益が出ています。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「スキャルピングゼウス」の商品ページに掲載されています。

スキャルピングゼウスの特徴

通貨ペア USD/JPY
EUR/USD
EUR/JPY
GBP/USD
GBP/JPY
AUD/USD
取引スタイル スキャルピング
最大ポジション数 1
使用時間足 5分足
ストップロス(SL) 100
テイクプロフィット(TP) 10
両建て なし

完全同一ロジックで6通貨ペアに対応

「スキャルピングゼウス」は、完全同一ロジックで6通貨ペアに対応したEAです。そのため、「スキャルピングゼウス」だけでポートフォリオを構築することができます。

シンプルなロジックによる高い再現性

「スキャルピングゼウス」は、シンプルなロジックを採用しています。そのため、長期間に渡る再現性が高くなっています。

20年間のバックテスト

「スキャルピングゼウス」の最大の特徴は、20年間ものバックテストに耐えているという点です。

過去のデータをどうやって集めているのかというと、信頼性の高いアルパリ社のデータを使っています(2015年のスイスショックで破綻してしまいましたが…)。

「スキャルピングゼウス」は実用的なEAと言えるでしょう。

SOMEYA

スキャルピングゼウスのパラメータ設定

「スキャルピングゼウス」のパラメータ設定について解説します。

カッコ内()は初期値です。

  • コメント:EA取引時のコメント
  • ロット数(0.1):取引枚数(1.0=10万通貨)
  • 損切り(100):ストップロスのpips
  • 利益確定(50):利益確定のpips
  • トレーリングストップ(0):トレーリングストップの設定(0で無効化)
  • 月曜エントリー開始時刻(6):サーバ時刻(MT4の時刻)で設定
  • 金曜最終エントリー時刻(23):サーバ時刻(MT4の時刻)で設定
  • 金曜強制クローズ時刻:(23):サーバ時刻(MT4の時刻)で設定
  • マジックナンバー(26052119):マジックナンバー
  • スリッページ(30):許容する最大スリッページ
  • 最大スプレッド(30):許容する最大スプレッド

MT4に採用されているタイムゾーンで多いのは、日足が5本で使いやすい「GMT+2」、続いて日本時間にあたる「GMT+9」です。

SOMEYA

スキャルピングゼウスのバックテスト

スキャルピングゼウスのバックテスト

通貨ペア USD/JPY
期間 1999.01.05 – 2019.01.28
初期証拠金 1,000,000円
スプレッド 10
純益 5,803,964
プロフィットファクタ(PF) 1.47
ペイオフレシオ(PR) 0.37
最大ドローダウン 323,036(28.96%)
相対ドローダウン 28.96%
勝率 79.53%
最大勝トレード 11,404
最大敗トレード -103,252
平均勝トレード 9,075.16
平均敗トレード -24,062.42
最大連勝 37
最大連敗 4
平均連勝 5
平均連敗 1

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

検証期間は、1999年〜2019年と非常に長いものとなっています。

スプレッドは「10」(1.0pips)で検証されています。検証してる通貨ペアはUSD/JPYなので、特に心配はありませんが、できるだけスプレッドが狭めのブローカーを選ぶようにしましょう。

純益

純益は20年間で「5,803,964円」でした。

20年間で100万円の口座が約680万円になる計算です。単利でこの結果なので、複利だとより破壊力のある結果になります。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は1.47でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.37でした。

1.00を下回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より小さいということです。その分、勝率でカバーしていることになります。

勝率が79.53%の場合、損益率は0.25以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「スキャルピングゼウス」は、十分手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で28.96%でした。

相対ドローダウンは20%を超えるとキツイ(メンタルがやられる)と言われるところ、28.96%なのでけっこうキツいかもしれません。

この場合、100万円あたり0.08ロット(8000通貨)くらいで運用すると良いでしょう。

トレードの傾向

「スキャルピングゼウス」は、勝率が80%くらいあり、比較的安定して運用できるEAと言えるでしょう。

さらに、実際は6通貨ペアで運用するため、ドローダウンの影響はかなり低くなります。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

SOMEYA

スキャルピングゼウスの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「スキャルピングゼウス」の口コミ・評判を見てみましょう。

>>「スキャルピングゼウス」の最新レビューを見る

まとめ

FX貴族さんの「スキャルピングゼウス」を徹底検証しました。

「スキャルピングゼウス」はこれまで見たFX貴族さんのEAの中でもトップクラスの実力を持ったEAと言えるでしょう。こういう多通貨ペアで運用できるEAは個人的にも好みだったりします。

多通貨ペアでポートフォリオを組み、FX相場に臨みましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
SOMEYA










Copyright© Invest Press , 2019 All Rights Reserved.