SS-system_EURGBPを徹底検証、コツコツ利益を積み重ねるドローダウン1.48%の優秀スキャルピングEA

EA検証

金融商品に投資するとき、最近はコツコツが人気だと感じます。

たしかに一攫千金でウハウハ(死語)も憧れますが、低リスクでコツコツ資金が増えていくのって、見ていても気持ち良いですよね(個人的には朝起きて増えているのが好きです)。

今回、検証するのはコツコツ型のスキャルピングEAです。

ここでは、クロさんのEAから「SS-system_EURGBP」を徹底検証します。

SOMEYA

「SS-system_EURGBP」はEURGBPを使った珍しいEAです。

SS-system_EURGBPのフォワードテスト

SS-system_EURGBP | GogoJungle

「SS-system_EURGBP」のフォワードテストの実績です。

取引枚数は複利(?)によって変えてます(0.53〜0.71くらいです)。

2017年10月18日〜2018年11月30日までの成績です。

  • 2017年10月:45,431円
  • 2017年11月:55,988円
  • 2017年12月:-4,541円
  • 2018年1月:83,904円
  • 2018年2月:40,607円
  • 2018年3月:14,336円
  • 2018年4月:-24,273円
  • 2018年5月:-28,114円
  • 2018年6月:13,919円
  • 2018年7月:-15,885円
  • 2018年8月:31,311円
  • 2018年9月:25,861円
  • 2018年10月:30,629円
  • 2018年11月:44,375円

約1年間で「314,076円」の利益が出ています。

2018年の4月と5月に一度ドローダウンしていますが、そのあとはきちんと取戻しているのがわかります。すべてのEAに共通しますが、長期で見ることが大切ですね。

最新の「収益」「収益率(全期間)」「勝率」などの情報は、「SS-system_EURGBP」の商品ページに掲載されています。

SS-system_EURGBPの特徴

通貨ペア EUR/GBP
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
最大ポジション数 1
使用時間足 15分足
ストップロス(SL) 50
テイクプロフィット(TP) 0(自動)
両建て なし

EUR/GBPを使ったスキャルピングEA

「SS-system_EURGBP」は、EUR/GBPを使ったスキャルピングEAです。

1日あたりの取引回数は約3回になります。

EUR/GBPだと比較的多い取引回数と言えるでしょう。

コツコツドカンの逆張り

開発者のクロさんも言っていますが、「SS-system_EURGBP」はコツコツドカンの逆張りEAです。これは「悪い」という意味ではなく、「当然」という意味になります。

そもそもFXなどの金融商品の手法は「損小利大」か「損大利小」のいずれかしかありません。

どちらが良いというわけではなく、トータルでプラスになればどちらも良い手法になります。一般的に「損小利大」は順張り手法、「損大利小」は逆張り手法が多くなります。

「SS-system_EURGBP」は逆張りのため、コツコツ勝って、たまにドカンと負ける、そしてトータルで利益を増やしていくイメージになります。

SOMEYA

順張りでは勝率の低さに耐えられず、逆張りではドカンに耐えられず退場していくFXトレーダーさんが多いので、そちら側にならないようにしましょう。

SS-system_EURGBPのパラメータ設定

「SS-system_EURGBP」のパラメータ設定について重要部分のみ解説します。

「SS-system_EURGBP」で設定が必要なのは、「複利」の設定くらいです。

僕は個人的に複利は「オフ」にして、「資金が増えたら手法を増やす」のを推奨しますが、複利を使いたい方は「オン」にしてトレードすると良いでしょう。

SOMEYA

「SS-system_EURGBP」は、EA初心者でも設定しやすいパラメータです。

SS-system_EURGBPのバックテスト

SS-system_EURGBPのバックテスト BlackPanther USDJPYのバックテスト SS-system_EURGBPのバックテスト
通貨ペア EUR/GBP
期間 2012.01.02 – 2018.6.29
初期証拠金 1,000,000円
スプレッド 1.0pips
純益 859,089.43
プロフィットファクタ(PF) 2.02
ペイオフレシオ(PR) 0.56
最大ドローダウン 18,992.17(1.48%)
相対ドローダウン 1.48%
勝率 78.23%
最大勝トレード 14,195.73
最大敗トレード -7,457.06
平均勝トレード 469.37
平均敗トレード -834.76
最大連勝 44
最大連敗 7
平均連勝 5
平均連敗 1

バックテスト精度

バックテストは、ゴゴジャンに掲載されている公式のものを採用しています。

検証期間は、2012年〜2018年です。

若干短く感じますが、その分、フォワードで実績が出ているのが何よりの証拠です。そのため、バックテストが短いのはほぼ気にする必要がないと言って良いでしょう。

純益

純益は約5年間で「859,089円」でした。

たしかに小ロットでコツコツ利益を積み重ねていくイメージです。

プロフィットファクタ(PF)

プロフィットファクタ(総利益が総損失の何倍かを表す指標)は2.02倍と大変良い結果でした。

1.00倍を超えていれば、理論上は取引を続けるごとに利益が増えていくことになるので、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

また、1.50倍を超えるEAはかなりの優等生に分類されます。「SS-system_EURGBP」は2倍以上なので、超優等生です。

ペイオフレシオ(PR)

ペイオフレシオ(損益率。勝ち平均が負け平均の何倍かを表す指標)は、0.56でした。

1.00を下回っているということは、1回あたりの勝ち平均が1回あたりの負け平均より小さいということです。

「SS-system_EURGBP」は勝率が高いので(78.23%)、勝率で補っていることになります。

勝率が78.23%の場合、損益率は0.27以上あれば、取引手法として成り立ちます。これを考慮すると、「SS-system_EURGBP」は、十分すぎるほど手法として成り立つと言えるでしょう。

損益がトントンになるPR=負ける確率÷勝つ確率

ドローダウン

相対ドローダウンは、最大で1.48%でした。20%を超えると「メンタルがキツい…」と言われますが、1%台という素晴らしい結果を見せています。

最大ポジションも1なので、100万円あたり1.0ロット(10万通貨)くらいのポジションを持っても良いかもしれません。

トレードの傾向

「SS-system_EURGBP」は、勝率を高めにコツコツ利益を重ねていくEAです。

ただし、負けるときはちゃんと負けるので(言い方変ですが)、長い目で運用するしましょう。

EAを運用するときに大切なのは、目の前の1回、2回の負けで決めるのではなく、長期に運用して相場が変わったときに撤退することです。

SOMEYA

EAを撤退させるラインについては、「最大ドローダウンを更新したとき」など、あらかじめルールを決めておくと良いでしょう。

SS-system_EURGBPの口コミ・評判

GogoJungleに投稿された「SS-system_EURGBP」の口コミ・評判を見てみましょう。

ユーザー

珍しい通貨対応なので気になり購入しました。 スプレッドの狭さが非常に重要なようです

ユーザー
私が今まで使った中で最強のEA。 うまくかみ合えば1日に4回以上普通にエントリーします。

フォワードテストとの乖離もほとんどなく「フォワードテストは勝っているのに、自分だけが負けている」という真逆の事態はまだ1度も発生していません。

利益はうまくいけば大きくのばし、損切も極力浅いところで決済します。

価格的には最近の相場からすると少し強気ですが、取引回数が多いのでバックテストの信頼性も高く、今後の成績が非常に楽しみなEAかと思います。

>>「SS-system_EURGBP」のレビューをもっと見る

まとめ

クロさんの「SS-system_EURGBP」を徹底検証しました。

「SS-system_EURGBP」はドローダウンが非常に低いため、安心して運用することができるEAと言えるでしょう。

EUR/GBPという通貨ペアも特徴なので、EUR/USDやUSD/JPYばかりのポートフォリオになっているという方は、アクセントに利用するのをオススメします。