シストレ24はいくらから運用できる? 少額証拠金からはじめる選択型システムトレード

シストレ24はいくらから運用できる? 少額証拠金からはじめる選択型システムトレード シストレ24

「インヴァスト証券[シストレ24]をはじめたいけど、いくらくらい資金が必要なんだろう?」

特に初心者のうちは少ない証拠金で運用をはじめたいですよね。

インヴァスト証券[シストレ24]は数万円の必要証拠金から運用できます。ただし、これはあくまで最低限の金額なので、証拠金が多くなるほど、取引が有利になるのは言うまでもありません。

では、インヴァスト証券[シストレ24]は、実際にどのくらいの資金があると良いのでしょうか。

ここでは、インヴァスト証券[シストレ24]をはじめるときに知っておきたい、証拠金について解説します。

SOMEYA
シストレ24は少額でもはじめられるシステムトレードです。

シストレ24の最小取引単位は5000通貨

シストレ24の最小取引単位は5k(5,000通貨)です。

5,000通貨というのは、ドル/円を取引したとき、「5,000ドル」に相当します。

日本円で言うと、約50万円くらいになります(1ドル100円で計算)。

SOMEYA

計算しやすいよう、便宜上、1ドル100円で計算しています。

必要証拠金は4%(レバレッジ25倍)

そして、必要証拠金は取引の4%になります。

たとえば、5000通貨(5000ドル)の取引をしようと思ったとき、

5,000通貨(5,000ドル)×0.04 ≒ 20,000円

の証拠金が必要になります。

これを見ると「2万円あったら取引できる!」と思うかもしれません。

しかし、実際のトレードでは、含み損を抱えることがあるので、必要証拠金ギリギリの金額でトレードすると、すぐに強制決済(ロスカット)されてしまうことになります。

そのため、「必要証拠金+リスク」を加味した「推奨証拠金」を用意することが重要です。

SOMEYA
余裕を持った証拠金を用意することが大切なんですね。

ストラテジーごとの推奨証拠金を確認しよう

各ストラテジー(自動売買プログラム)ごとの「推奨証拠金」は、シストレ24の取引ツール「Myシストレ24」から確認できます。

ここでは、各ストラテジーの過去3ヶ月のリスク(どれだけ含み損を抱えるか、どれだけ資産が目減りするかなど)を加味した「推奨証拠金」を見られます。

SOMEYA
ストラテジーを選ぶときは、推奨証拠金を確認しましょう。

複数ストラテジーを組み合わせたポートフォリオを組む

最後に応用編です。

もし、推奨証拠金より多くの証拠金が用意できる場合(30万円以上など)、1つのストラテジーのロット(取引数量)を増やすのではなく、複数のストラテジーを運用しましょう。

そうすることで、1つのストラテジーが上手くいかなくなっても、もう一方のストラテジーでカバーできるといったポートフォリオ効果を生むことができます。

投資の基本は、リスクを分散させて、利益を最大化させることです。さまざまなストラテジーを使って効率よく資金を増やしていきましょう。